FC2ブログ
Powered By 画RSS

Entries

個人的10月リミットレギュレーション予想

禁止
儀式魔人リリーサー
マジェスペクター・ユニコーン
レベル・スティーラー
ソウル・チャージ

制限
PSYフレームロード・Ω
解放のアリアドネ
SRベイゴマックス
聖なる魔術師
DDスワラル・スライム
デビル・フランケン
ゴヨウ・ガーディアン
テラ・フォーミング
ドラゴン・目覚めの旋律
神の通告


準制限
アーティファクト-モラルタ
慧眼の魔術師
終末の騎士
光天使スローネ
闇の誘惑


無制限
馬頭鬼
輪廻天狗
サウザンド・アイズ・サクリファイス
光の援軍
霞の谷の神風
竜の渓谷
堕ち影の蠢き
光の護封壁

4月、10月は大幅な変更が期待出来るので、大胆予想で。4月みたいに大幅に変わった方が面白いですし。とりあえず個人的に規制すべきデッキと考えているのが、ABC、青眼、メタルフォーゼ、DDの4種類。しかしながらABCは出たばっかりなので、ABCや格納庫の規制は不可能と判断しています。青眼も入賞数は減っているものの、世界大会で優勝したしそろそろ規制でいいでしょう。青眼の亜白龍のKCウルトラレア版が出るとはいえ、正直規制された程度で売り切れないとも思えないですし。

儀式魔人リリーサー
相手の特殊召喚を完全に封じることが出来るようになるカード。別に禁止するほどじゃないのだが、これの存在のせいで儀式が嫌われがち。少し前までの弱かった儀式では、許される存在だったが、強過ぎるコスプレ集団で使われたりしたせいで、イメージが悪化した。儀式の下準備など優良なサポートカードも増えたことや、海外禁止という前例もあるので、候補に挙げた。

マジェスペクター・ユニコーン
純マジェスペクターには合わないものの、レベル6が出せるペンデュラムテーマならば余裕で採用出来る性能。自身をバウンスすれば何度でも再利用可能な相手ターンにも使えるモンスター除去が出来る。
しかもマジェスペクターの共通効果で効果の対象にならず、効果破壊されないため、非常に除去が面倒臭い。
環境デッキならば通常召喚を潰されたところで特殊召喚で対応出来るが、8期以前のテーマでは通常召喚を潰されると洒落にならないものがほとんど。しかも裏側表示だろうとバウンスして来るのがまた酷い。
スケール2なので、いざという時にはPゾーンに張っても活躍出来る。海外では制限になったが、マジェスペクター・ラクーンでサーチ出来るため、正直制限でもヌルイ。

レベル・スティーラー
一人で壁とやってろソリティア系デッキのお友達。ボウテンコウワンキルマジックテンペスターワンキルでも採用。
ボウテンコウワンキルは一度やられたことがあるが、ホント酷い。完全に私怨だが、今後もシンクロチューナー出ること考えたら禁止でいい。

ソウル・チャージ
世界大会でも大活躍。やっぱりこのカードは許されるべきじゃ無かった。
餅カエルをソルチャで蘇生したりすると、露骨に嫌な顔されますし、正直使う方も気が咎める。

PSYフレームロード・Ω
シンクロダークで先行で3体立ててハンデスしまくったり、仁王立ち虚無空間とのコンボで悪用ばっかり目立つカードのために候補に。
レベル・スティーラー禁止なら正直無制限でも良さそうな気もするが、無制限は今後もロクなことしないと思われる。

Emダメージ・ジャグラー
Emヒグルミと共に投獄されたが、あちらに比べれば正直遥かにマシ。
Em新規も絶望的なことだし、1枚くらいは戻しても良さそう。

解放のアリアドネ
重いコストを帳消しに出来るカード。しかも戦闘・効果破壊時にカウンター罠をサーチ出来るという便利さ。
最近は環境から消え気味だが、今後もロクなことをしないと思われる。
海外先行カードの神の摂理もついに上陸したので、正直さっさと消えて欲しい。

SRベイゴマックス
サイドラ条件で破壊された時にサーチなんて条件のTG ストライカーが制限になっていたこともあったのに、更に緩いフォトスラ条件で出れて、即座にサーチ出来るカードが許されていいのだろうか?
いやよくない(反語)。ユーゴファンには可哀想だが、このターン風属性モンスター以外特殊召喚出来ないとか付けなかったコナミを恨むべきだと思う。
アニメでも下位互換と思われるカードが出たことだし、安心して逝って欲しい。

聖なる魔術師
無限ループの可能性が~とは言われるが、海外はとっくに無制限に。
いい加減1枚くらい戻ってもいいだろう。

DDスワラル・スライム
DDのキーカード。こいつでまずDDD烈火王テムジンを立てるというのがかなり重要な動き。特殊召喚の補助も出来るなど、便利過ぎる。
せめて墓地除外効果は、落ちたターンに使えないようにするべきだった。

デビル・フランケン
以前は青眼の究極竜を出して、巨大化でワンキルというのが問題視されて禁止入りしたが、釈放されて早2年、メタルフォーゼのせいで環境に顔を出して来た。
ライフを払い終わった後に低い攻撃力を晒すのが問題だったが、メタルフォーゼの共通効果で除去出来てしまい、ナチュル・エクストリオ異星の最終戦士で制圧するのは問題。

ゴヨウ・ガーディアン
海外では無制限になったのに、未だにエラッタするべきなど言われるカード。
ゴヨウ・プレデターが出たことで、調整版が出たから二度と戻らないという意見もあるが、むしろ戻る狼煙にも思える。
言うまでもなく、現環境においてはそこまでのカードでは無い。

テラ・フォーミング
強いフィールド魔法量産し過ぎ。今後も正直ロクなことをしないと予想出来る。
ユニオン格納庫制限など発売日から見て不可能なので、間接的なABC弱体化はこのカードの制限しか無い。

ドラゴン・目覚めの旋律
青眼のメインエンジン。こいつで青眼の白龍青眼の亜白龍をサーチして、即亜白龍を出す流れは正直酷い。
墓地発動出来るカードをコストにすればアドも稼げるなど、いいこと尽くし。
青眼自体環境から落ち気味だが、他を規制すれば上がって来るのは間違い無いし。

神の通告
1500で発動出来る上に、死者蘇生などの効果が止められなかったところで、モンスター効果が止められる時点であまり関係ないという。
神の警告以上に強いとも言えるカードが無制限なのはおかしい。


アーティファクト-モラルタ
アーティファクト自体環境から遠のいて久しいし、1枚くらいなら戻しても良さそう。

慧眼の魔術師
ゴールドパックにも再録されたので、緩和に期待が掛かるところ。
ペンデュラム・コールも制限になったので、緩和してもいいんじゃないだろうか。

終末の騎士
シャドールのせいで制限入りしたが、シャドールも大人しくなったので、そろそろ戻ってもいいような。

光天使スローネ
レベル4×3で出すモンスターにロクなのがいないので、正直解放してもいいだろう。
当時出張先だったシャドールやテラナイトも環境から遠のいているし。

闇の誘惑
明らかに緩和失敗だったカード。DDの強さに拍車を掛け、シンクロダーク、最近は堕天使にも採用。
正直ロクなことをしていない。BF、RR、ガガガ使いの自分としては嬉しい緩和だったが。
彼岸に採用されなかったからと言って、大抵の闇で採用されるこれを緩和したのはさすがにどん判であった。


クリッター
エラッタによって準に緩和されたが、一発無制限で良かっただろうに。

馬頭鬼
アンデット族の不知火が出たため、完全解放が期待される。
BFもそうだったが、一度環境トップを取ったカードに厳し過ぎる。

輪廻天狗
来日前から準制限になっていたが、正直今更こいつがいたところでどうしたという環境なので、
いい加減無制限にしても良さそうな気がする。

サウザンド・アイズ・サクリファイス
制限に行った時は緩和して大丈夫なのか?という感じだったが、後出しの1体除去程度ではどうということは無かった。

光の援軍
ライロ出張セットが目立たなくなったこともあるので、ライロ使いとしては無制限まで行って貰いたい。

霞の谷の神風
神風ワンキルのせいで規制されたのだが、重爆撃禽 ボム・フェネクス継承の印ともども制限になったにも関わらず、何故釈放されないのか甚だ疑問。

竜の渓谷
征竜の被害者。
ドラグニティが泣いてるので、返してあげて。

堕ち影の蠢き
シャドールの主要カード。
エルシャドール・ネフィリムさえ禁止のままなら緩和しても問題無いだろう。

光の護封壁
前回緩和枠。思った通り全く環境に影響しなかった。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamuparty.blog86.fc2.com/tb.php/92-fbcf3e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

最新記事

アクセスカウンター

検索フォーム